可哀そうに… | ☆あんりんトウフ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可哀そうに…

2~3日前から「あれっ?」って思ってたんだけど…
今日私が仕事から帰って来てご飯食べてふと旦那の後ろ頭の左上を見たら…
「あんた、10円ハゲできとんとちゃーうん?」と私。
気がついた時は寝ぐせかと思ってた。
やっぱり良く見てみたら毛がない(-_-;)
旦那に合わせ鏡で見せてやったらショックだったみたいで嘘泣きで息子の胸で泣きまね(~_~;)
マジ泣きたい気分だったと思う。
でも言い忘れいてたけどちゃんと次の毛が生え出してたから大丈夫だよ。
それくらい今回の旦那のバイパス手術は旦那にダメージを与えてた。
手術自体が胸を骨まで切っての大がかりの手術、それに掛かる費用。
旦那にしたらどうなるんだろうと心配ばかりだったに違いない。
私はやってしまえばなるようになるんだからと安心させたんですけどね。
病院の先生も「色々心配してるみたいだったけど一刻を争うことだったから切っちゃったよ」って。

旦那にすれば今骨がどうなっていってるんかとか左腕だけ上がりにくいからもう前みたいに上がらなくなるのかとかいろいろと心配ばかりしている様子。
明らかにいつもの旦那でなく足の傷をマジマジと見てみたり、腕が上がりにくいから何度も上げ下げしてみたり。
足の傷は正座するとまたぱっくりと開くのと違うかとか…
あんまり可哀そうになって傷をさすりながらきっと段々感覚なれてくるよって言ってやると安心してた。

私にしてみればまな板のコイになってる旦那の横で病院の先生にいろいろな書類を出され手術に同意したのは私。
あの旦那の体の傷はみんな私が同意して着いた傷。
なんとなく責任を感じるんよね。
傷を見るたび「これは私が着けた傷」って思っちゃったりする。
でもこれで旦那が助かったんだって思うようにしてるんだけど。
まさか10円ハゲが出来るまで色々とストレスになってたとは私の方がショックだった。
ふざけてすねて泣きまねしてる旦那を見て私の方が泣きそうになった。
でも「そのうち生えてくる、生えてくる」って言ってやって旦那も少し気が紛れた様子。
息子にはハゲハゲと言われて落ち込んでましたが…

私と2人になると素になって落ち込んで弱気になってる時がある。
体は元のように動けるようになるんだろうかって。
先生も普通の生活が出来るって言ってたやんって言ってやるんですけどね。
月曜日は用事があってちょっと来るまででは出かけずバスで行くところがある。
一人でバスに乗った事のない旦那。それに今の体でしょ。やっぱり着いて行ってやるべきか…
2月の診察の日も不安そうな旦那。
仕事の調節してうまく休みを取らなきゃいけないかなぁ…
しまいに首になりそうやわ(-_-;)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。