びっくりの回復力 | ☆あんりんトウフ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びっくりの回復力

22日に8時間の心臓バイパス手術をして呼吸器を着け25日に呼吸器が外れ26日に集中治療室から一般病棟に移り27日の今日。
午前中10時半頃病院に行くと待合室でお見舞いに来てくれた家の町内の役員の人と楽しそうに話をしている旦那。
もう勝手に病室から出て平気な顔して歩いてるんですよねぇ
ちょっと前日とは一変しての回復ぶりにビックリ
前日はトイレも看護士さんについて行ってもらってしか行けなかったのにもう一人で歩いてる。
朝からどうも病室から出たり入ったりウロウロしてるみたいでした。
私が行ってからひげを剃ったり顔洗ったり看護士さんの許可を得て頭を洗う事も出来ました。
まだ頭を洗うのは私がやりましたけど…
その後体を拭いてパジャマに胸の傷から少し血とか水分が出て汚れてるのが気になるらしくパンツから全部お着替え。
足も気持ち悪いみたいでゴシゴシ足の裏や指の間を拭いてやるとすっきりした様子でした。
看護士さんも年末忙しい様子で家族の者がいると全部家族にお任せ。
身の回りを色々するとこっちがクタクタ
看護士さんのお仕事って大変なんだと実感。
でも旦那の気持ち良くなった顔見たら救われます。
同じ時期に入院された方々は少しずつ回復されているもののまだ集中治療室から出られなかったり、一般に移ってもまだ違う様態になり手術とかなのに旦那はすこぶる好調。
でもまだ頭を洗ったりした後は貧血がある様子で足元がふらつき支えるような事も…
ベットから起き上がるのがかなり辛い様子で少し手助けしてやるとかなり楽みたい。
あと寝てるとどうしても痰が出るのが多く出す時が咳が出るのでかなり胸の切った骨に響くらしい。
それに動いてる途中胸の骨がずれるように感じたり、心臓か胸の中でコロンコロンしてるように感じるそうで不安そうな時があります。

いつもはいじっぱりですが今は子供のように私の介添えを頼りにしてる旦那。
でも今だけできっと元気になったらまた偉そうに言い出すんだろうなぁと思いながら見てます。
弱り切った旦那の姿を見て一人ベソをかいたりかわってやりたくても変わる事も出来ず…
旦那や息子が手術を受けるより自分がされる方が精神的に楽と思いました。
旦那も胸と足の大きな縫ったというよりホッチキスで止めた長い傷を見ては「痛そうやなぁ」と自分で言ってます。


明日28日は朝からCT検査らしく多分私が行く頃検査が始まってるかもしれません。
洗濯したパジャマ持って旦那の介助に行ってきまーす。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。