やっと元の旦那に… | ☆あんりんトウフ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと元の旦那に…

旦那が救急車で運ばれ手術したのが22日、そして25日朝やっと呼吸器のチューブが取れて本人も喋れるようになり、他のチューブも自分で外してほしいと言って外してもらいました。
経過も順調、夕方にはペットの横で立つリハビリもしたそうで痛みも思ったよりなかったそうです。
倒れてから初めての病院での夕飯も出て自分で少しですが食べました。
全てが病人食の薄味だったそうで「まずい」と連発。
でも嬉しそうにおしゃべりしながら食事をする事も出来ました。
チューブが取れた朝は鎮静剤がまだ効いてたせいかボーッとしてて話してる事もバラバラだたけど夕方は鎮静剤も抜けたせいかしっかりした口調でしゃべりいつも言ってる冗談も飛び出すようになりました。
大丈夫と思っていてもここ数日はやっぱり病院から離れることが怖かったけれど、本人から「そんなずっとおらんでも」って一言が出たので昨夜は家で寝ました。
今日にも一般病棟に移るかもしれないとのことだったので身の回りの物の用意をするのに息子たちとお買い物にも行ってきました。
病院で使うので感染も心配なので全部新しいものを揃えてやりました。
本人はあるものでいいのにって言ってたけどね。まぁ、お正月も病院で過ごすことになるだろうし着るものくらいは新しいものでと思い奮発しちゃいました。
ひげそりもいるので今まで剃刀でやってましたけど手軽に使えるように電気カミソリのいいやつを買ってきました。
前から電気屋さんに行くと旦那がよく見てたやつでクリスマスプレゼントとよく頑張りましたの御褒美もかねてちょっとお高いと思いましたが買ってきました。
気持ちよく病院で治療してもらえるように私が出来る事はこれくらいしかないからね。
でも昨日1日の回復ぶりには私はもちろん、看護師さんもびっくり。
自発でノドや肺にたまってるタンをだすのが一番胸の骨や傷に響くらしく痛い様子。
痛いので本人途中で「痛いからヤダ」って止めちゃうんですよね。
でも意識がはっきりしてくると子供みたいになってきて私が帰るそぶりを見せるとなんだかんだと喋ったり用事を言いだしたり…
集中治療室でも昨日は一番隅っこに場所も変えられそんなに看護師さんたちも気にして観察する事も無くなった様子。
なので私がいる方が看護師さんもいいようでほったらかしが多くなってきてるんですよね。
結果4時半頃会いに行ってやっと帰れたのが8時前。
集中治療室なので長くいるのは気が引けてと思いましたが看護師さんは全然「奥さんいらっしゃるんでお願いしますね」って感じで任されることが多く長居になってしまいました。
他の方の所を見ても椅子に座られてて「えっ?危篤?」と思いきや患者さんベッドに座って雑誌見てるんですよね。
これにはびっくりしちゃいました。集中治療室でしょ…そんなんあり?みたいな。

回復していく旦那がとっても嬉しかった昨日。
今日もまた病院に長くいることになりそうですが着替え持って一般病棟に移れるのを楽しみに行ってきます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。