今は天国のあんずの先輩 | ☆あんりんトウフ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今は天国のあんずの先輩

20060929084522.jpg

今日はちょっと変わってロッキーのお話。いつの来てくださる方は御存知の方もいらっしゃるかな。
ちょっとお恥ずかしいですが私と一緒に移っているのがシェルティーの男の子ロッキーです。私が就職して初めて自分で飼い始めたワンコ。とっても小柄な子犬でした。最近にはあんまり無い顔立ちのシェルティーでしょ。
ロッキーのお陰でどれだけ支えられていたか…
いつもは勝手口で夜を過ごすロッキー。私が深夜帰宅するとご飯も食べずに待ってるんですよね。おまけに勝手口しかダメなのに母が2階の寝室に行ったのを確認してそーっと勝手口から家の中を抜けて玄関で待ってくれてました。辛い時はめったにぺロリンしない子なのにずっと顔を舐めてくれるやさしい子でした。
友達がシェルティーを飼ったから見においでって言ってくれて久しぶりに触らせてもらったけれどあんまりもの違いに涙が出そうになりました。やっぱり違う…自分の手に残るロッキーの感触だけは忘れられないんですよね。ロッキーは私が嫁いだ跡母と岡山で過ごし緑内障と白内障を患い亡くなりました。どうも心不全ぽい亡くなり方みたいです。母に看取られて亡くなったそうです。私はちょうど亡くなる1ヶ月前にロッキーと会いました。もう目も見えないのに匂いだけで私だと分かってくれて思いっきり甘えてきました。帰る時見えない目で私を追っていた姿は忘れられません。自分で見取ってやれなかったのが今でも私が一番後悔していることです。

DSC03208-1.jpg

今は全然違うワンコなのにあんずが似たようなことするんですよね。
でもまだまだロッキーには追いつかないよ、あんず。男の子のワンコって包容力あるんですよねー。あんずはまだ包容されたい方。女の子のやさしさがもっと出てくるといいですよね。なんかあんずといるとロッキーがそばにいて見守ってくれてるような気がしてならないんですよね。
ロッキーの分もあんずをいっぱい可愛がってロッキーはいつも胸の中で生きてくれててずっと一緒にいたいです。
そうそう、ロッキーの訃報を聞いた日、電話を置いて窓から空を見たら虹がかかってたんですよね。インターネットを初めて虹の橋を読んだ時は涙が止まりませんでした。きっと待ってくれてるんでしょうね。


よかったら今日のポッチリお願いします

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。