2010年01月 | ☆あんりんトウフ☆

2010年01月

とっても嬉しい贈り物

今日は朝から体調悪いと思ったら微熱、無理したらまた上がってくるので大事を取ってお休みの連絡を会社へ。
すると上司がもういつまで風邪なんだ、どうしてそんなに熱が出るの?ですって。
そんなこと言われても旦那の入院からこっちバタバタでくたびれが出てきてるのは事実。
でもそんなの会社に通用しない。
散々嫌味言われてお休みを貰い電話を切った後凹んだ(T_T)
とりあえず薬を飲んで大人しく、でも辞めたいと思いだし必死にインターネットのハローワークで仕事探し。
色々考えると動悸はしてくるし息苦しいし…
本当に辛かった。
昼になると熱も落ち着いたのでとりあえず職安に行こうと出かけた。
職安も凄い人。
色々見るけどやっぱりこれって所がないのよね。
職安の人に今の職場の色々な様子を話すと呆れてた。
これといったのがなかったからとりあえずは帰ることにした。
夕飯買って家に戻ったら不在通知が…
旦那も家に帰って来てた。
旦那に朝からの事を話し凹んで愚痴った。

それから不在通知の贈り物が到着!!
コナポアのあいさんからの贈り物。
NEC_0755.jpg
NEC_0758.jpg
NEC_0760.jpg
NEC_0761.jpg
メッセージカードを見て涙が出そうになったよ(T_T)
ほんとに今日は凹んでたからね。
あいさん、ほんとにありがとう。
気持ちがとっても嬉しかったです。
みんなで頂きました。
息子は甘過ぎず良い感じってとっても気に入ってました。
私もとっても美味しくってポクポク食べちゃって(^O^)
旦那も珍しく良く食べてました。
こりゃ最後の1個になると取り合いになりそう(~_~;)

あんずは見ての通りずっと箱から離れず…

NEC_0759.jpg
あいさん、かあさんにいいものありがとうね(^^ゞ
かあさん、凹んでたからとっても喜んでたよ!
あんにはくれへんかったけどね(T_T)
スポンサーサイト

マジ泣き(T_T)

今夜も晩御飯必死に考えて材料買って仕事から帰宅。
お料理得意な方は献立考えるんだって朝飯前かもしれん。
色々と献立毎日致考えるのってほんとに私には大変。
その上心筋梗塞の人の体にいい献立って考えるもんだから迷うんよなぁ

帰宅後旦那ももちろん居たからいつものごとくコーヒー入れてやって(今日はカフェインレスでなく普通のコーヒー、たまに美味しいのをってね)私は夕飯の支度にバタバタとやってたんよ。
そしたら旦那が「おーい、灰皿!はよーはよー灰皿!」始めは冗談かと思って旦那の方を見もせずに
「何言いよんの!アホちゃうん」って言ってたらまた旦那が「いやいや、灰落ちるって」って言うから
うそやん!って思って旦那の方見たらプカーッってニヤニヤしながらタバコふかしてるやん
ブッチーーンって頭に来たから灰皿目の前にバーーンって叩き置いてやった
その後台所で夕飯こしらえてたんやけどもうボロボロ涙が出てきて材料が見えんくらいにマジ泣き
だってな、だってな、旦那が心筋梗塞になったのも元をただせば私がちゃんとした食生活をしてやらへんかったからやっていう罪悪感でもういっぱいやったのに…
旦那の胸や足に大きな傷を着けさせたのはみんな私のせいやっていう思いがあるから毎日必死に少しでも身体にいいメニュー考えて、タバコ吸いたくならんように飴やらチュッパチャップスの色んな種類あっちこっち行っては買いあさってやってるのに旦那本人は私があんなにタバコはぜったいに止めてって言ってたのに…
旦那が手術してからのことが頭によぎってもう辛くて辛くて。
本当なら喚き倒してやりたいところだけど言った所でどうなるわけでもなし。
ただこんなにやってるのに人を小馬鹿にしたようにヘラヘラしながらタバコ吸ってる旦那を見たら情けなくって。
息子もそのうち帰宅して雰囲気を感じてこたつの上の灰皿見て事の次第が理解出来たみたいで息子も旦那を無視。
夕飯も無言の夕飯…
旦那が「このアデランスのCM、新庄やろ!」って一人で言ってなんとか場を盛りたてようとするも私も息子も無関心。
いつもの旦那ならそこで逆切れするところだけど今日は違い撃沈
それから後も色々話しかけてくるけど話す気にもなれん。
夕飯後いつもならタバコを吸う所だけどさすがに吸おうとしなかったわ。
私が台所でマジ泣きしとるのは分かったんやろうね。
私も旦那のタバコ好きは良く分かってるから、いつもタバコふかしてる旦那の姿は結婚前からの旦那のイメージでもあるくらい。ほんとなら何も言わずにいてやりたい。
でも心筋梗塞には一番の毒なんやもん。
今日ほど旦那に腹の立った事はなかった。
そりゃ私が今自分で頑張ってる事は勝手にやってる事やし、頼まれてしてるわけでもない。
自分自身が今までの食生活が悪かったって思うから勝手にやってるだけのこと。
旦那にしてみたら有難迷惑かもしれん。
でも、今日の私がマジ泣きした後の旦那の様子では少し私の思いは伝わったみたいやったけど…
情けないやら腹が立つわでマジ泣きしてしまった私でした

ここ最近愚痴ばっかりのブログになってしまって申し訳ないです…

あんずさんエスケープ

またまたあんずのフード拒否が始まった。
トッピングしたお肉しか食べない。
おやつがなくなったのでたまたまササミのおやつを買って来てあげたのが悪かった。
とっても美味しく感じたんだろうね。
でもフードを食べないのはちょっと困る。
だからおやつもミルクもあげないよって言うんだけど「いいもん」みたいな感じ。
あんずのフード拒否にはほんとに頭が痛い。
だから父さんにおやつをねだるんだけど父さんも私がおやつあげてないから
「母さんがあかんいうからやれんよ」って今の所はあんずがねだっても我慢。
そこをなんとかと父さんにすり寄るんたげどダメ(^_^;)
にいちゃんにも昼間なんかくれってせがんでるらしいけどにいちゃんもフード食べないといけないから我慢。
でもあんずも頑固だからなぁ…
また当分あんずとのフード対決が続きそうです。


そして、その後の旦那、私のいない所でどうもタバコを吸いはじめてる様子(-_-;)
ジャンパーからライターがポロリ…
といつめても言い訳ばっかり。
吸いたいと思うようになるくらい身体の方は回復してきてるから嬉しいとは思うけど
こればっかりはバイパス手術しても10年後にはまた再発は確実と先生に言われてるから本人もどうせって思ってるみたい。私にしてみたら少しでも長くもたせたいって思うのに…
退院してからこっち食事にも気を使って私なりに必死。
塩分控えめでコレステロールの低いもの。
お肉も控えてお魚を多めにしてる。
野菜も多めにして手作り重視。
コーヒーもカフェインレスの物を買って来て飲ませてる。
でも私が飲んでもコーヒーの独特の物が感じられないとは思う。
旦那もそれは感じてるけどとりあえずは我慢して飲んでる。
たまには美味しいコーヒーを飲ませてやりたいと思うんだけどね。
何もかも制限されると嫌になってくるんだろうね。
だからたまにがっつり系の物もたべさせてあげたりするんだけどね。

大分動きもしっかりしてきた様子の旦那。
でもまだまだ骨の方がしっかりしてないからこっちが不安になる。
私が色々と気を使って食事制限をしてる事は良く分かってるみたい。
だから今日ライター持ってた時も顔真っ赤にして必死に言い訳。
さすがに頭に来たから旦那の後ろ頭引っ叩いてやったけどね。
それでも怒らず笑ってごまかしてたけど…
タバコは私も実は旦那に隠れて喫煙。
旦那もこれは知ってて知らんぷりしてくれてる。
だから私もあまりきつくは言えないんだけど旦那の今の状態では吸うなって言わざる終えない。
お互い隠れて吸ってるから駄目駄目なんだけどね。
いたちごっこなんかなぁ…

1ヶ月

旦那が心筋梗塞で倒れてから丁度1ヶ月。
1ヶ月前の明け方6時頃突然電話が鳴ってから始まった旦那との闘病生活。
あっという間の1ヶ月だった。
でも、今振り返ってみれば不思議と先生の説明が良かったのか旦那の手術の事や術後の経過は冷静に受け止める事が出来た自分だった。一部「まるでドラマみたい」と思う事もあった。手術中に亡くなってしまう確率は2%と言われた。
旦那は手術前自分が死んだら誰も葬式に呼ぶなと言った。私も「はいはい、私と息子だけで送るよ」って冗談交じりに言いながらも「待ってるから帰って来てね」って言ったのを覚えてる。そして正気になった旦那は自分で自分の事を「人と比べて生きる力が違うんや」って言った。まだ死ねないって思ってたんだろうな。
色々ネットで見てみると心筋梗塞で処置するまでに亡くなる確率は60%。
そこから3度復活してきた旦那。
4度目は約10年後にはやってくるだろう。
これは先生にも言われてる。
10年先の恐怖を毎日感じながら生活してる旦那を思うとやり切れない所もある。
でも10年後、私も糖尿を持っている身体だから何があるか分からないのも事実。
私にはいつも合併症が付きまとってる。
逆に旦那や息子に迷惑が掛かるかもしれないなぁって思ったりもする。
まぁ、毎日そんな事ばかり考えてたら全然楽しくないからあんまり考えないようにしてるけどね。

術後1ヶ月の旦那、おとといとさきおとといは外食2連チャン。
さすがに2日目は私も帰宅時間が遅かったので角が生えかけた。
その雰囲気を察してか旦那もしおらしい態度で帰宅。
昨日は豆腐メニュー、といっても豆腐ハンバーグにしてトマトの煮込みハンバーグにして、サーモンのカルパッチョ、として豆乳仕込みのコーンスープ。それと毎日食べろと息子が言ってるので納豆。
どれもペロリとたらい上げた旦那でした。

でもそろそろタバコが恋しくなりだしたらしくライターを探しだした旦那。
ガンとしてダメダメを通した私でした。
ちょっと調子が良かった先おとといから2日。
でも動き過ぎたのか昨日は調子が悪いとふさぎ気味。
寝て起きてというどうその時にかなり胸骨がずれたのが自分でも解ったらしい。
痛みもあっただろうと思う。
でも小腹が空いたからと軽くお茶漬けをすすり、翌朝の朝食のサンドウィッチを作っているとご機嫌の旦那でした。
サンドウィッチはコレステロール0のマヨネーズとマーガリン使用、先日は卵使ったから今回は卵なしの物。
コレステロールを気にせず食べられる。
コンビニの物って塩辛いのよね。
やっぱり家で作ったものが一番だと最近思う。
おにぎりでも家のが一番。(病院で泊ってた時に友達の作ってくれたものは私のと似てる)

私も料理下手なりに塩分控えめのコレステロールを気にしたメニューを考えて毎日ご飯作ってます。
大変だけど家族皆に良い食事だから。
本も買って色々とこれから頑張って作っていかなきゃね。
といっても病気になってからじゃあ遅いんだけどね。

でも私や息子が旦那に気遣う分旦那は最近とっても嬉しそうになった。
前は自分の調子の悪さをかくしたりすることもシバシバだったのに素直に言うようになった。
息子もあんなに父親を毛嫌いしていたのに気遣うようになってくれた。
旦那もその事が一番うれしい様子。
とっても痛い目をしたけれど旦那は家族を再確認してるような気がする今日この頃です。

可哀そうに…

2~3日前から「あれっ?」って思ってたんだけど…
今日私が仕事から帰って来てご飯食べてふと旦那の後ろ頭の左上を見たら…
「あんた、10円ハゲできとんとちゃーうん?」と私。
気がついた時は寝ぐせかと思ってた。
やっぱり良く見てみたら毛がない(-_-;)
旦那に合わせ鏡で見せてやったらショックだったみたいで嘘泣きで息子の胸で泣きまね(~_~;)
マジ泣きたい気分だったと思う。
でも言い忘れいてたけどちゃんと次の毛が生え出してたから大丈夫だよ。
それくらい今回の旦那のバイパス手術は旦那にダメージを与えてた。
手術自体が胸を骨まで切っての大がかりの手術、それに掛かる費用。
旦那にしたらどうなるんだろうと心配ばかりだったに違いない。
私はやってしまえばなるようになるんだからと安心させたんですけどね。
病院の先生も「色々心配してるみたいだったけど一刻を争うことだったから切っちゃったよ」って。

旦那にすれば今骨がどうなっていってるんかとか左腕だけ上がりにくいからもう前みたいに上がらなくなるのかとかいろいろと心配ばかりしている様子。
明らかにいつもの旦那でなく足の傷をマジマジと見てみたり、腕が上がりにくいから何度も上げ下げしてみたり。
足の傷は正座するとまたぱっくりと開くのと違うかとか…
あんまり可哀そうになって傷をさすりながらきっと段々感覚なれてくるよって言ってやると安心してた。

私にしてみればまな板のコイになってる旦那の横で病院の先生にいろいろな書類を出され手術に同意したのは私。
あの旦那の体の傷はみんな私が同意して着いた傷。
なんとなく責任を感じるんよね。
傷を見るたび「これは私が着けた傷」って思っちゃったりする。
でもこれで旦那が助かったんだって思うようにしてるんだけど。
まさか10円ハゲが出来るまで色々とストレスになってたとは私の方がショックだった。
ふざけてすねて泣きまねしてる旦那を見て私の方が泣きそうになった。
でも「そのうち生えてくる、生えてくる」って言ってやって旦那も少し気が紛れた様子。
息子にはハゲハゲと言われて落ち込んでましたが…

私と2人になると素になって落ち込んで弱気になってる時がある。
体は元のように動けるようになるんだろうかって。
先生も普通の生活が出来るって言ってたやんって言ってやるんですけどね。
月曜日は用事があってちょっと来るまででは出かけずバスで行くところがある。
一人でバスに乗った事のない旦那。それに今の体でしょ。やっぱり着いて行ってやるべきか…
2月の診察の日も不安そうな旦那。
仕事の調節してうまく休みを取らなきゃいけないかなぁ…
しまいに首になりそうやわ(-_-;)

ちょっと気がついた?

旦那が退院して一番気にしてる事、風邪ひかしちゃいけないって事。
もちろん私が風邪ひいたらうつしちゃうし風邪なんてひいてらんないって思ってたのに…
おとといからなんか変だなぁって思ってたら昨夜から鼻水が出だした私。
ノドもおかしくって肝心な私が風邪をひいてしまった(-_-;)
年末からの疲れが一気に出てきたようで必死に薬飲んだりしたけど症状はどんどん悪化。
熱は出てないけれど体がだるい。

わがままに困ってた旦那、先日ぐずぐず言ってたんだけどおととい辺りからちょっと変わった。
さすがに言いたい放題やってて私の態度に気がついたんでしょうね。
なにかと嫌味を言って来て私もたまらず喋らず黙りこんだんですよ。
でもその日旦那がたくさんの薬を朝昼晩と飲まなきゃいけないので薬ケースを探しに行き、
少しでも楽に寝れるようにと枕を買って来て用意した。
散々私に当たり散らしてた後買ってた物に気がついた旦那。
私は何も言わなかったんだけど急に態度が変わった。
さすがに気がついたんでしょうね。そして家族が自分に気遣ってくれてる事も…
ぐずぐず言う事もほとんどなく機嫌よく過ごしてくれるようになり出した。
息子にも入院以前のようにふざけてからむようにもなりだした。
退院以来息子にも気難しい顔してたので息子も嫌気がさし出してたところだっただけに少しほっとした。
夕食後もお茶飲みながら3人で冗談言って笑いあえるようになった。
旦那も少し家での生活に体が慣れてきたのかもしれない。

ただ1ワン、やりたい放題やろうとする我が家の姫、あんずさん。
お父さん大好きでそばに寄って行ってはピョンと行こうと構えるんですが旦那が阻止。
あんずが膝に飛び乗って胸にドンと当たるだけでもとんでもなく激痛が走る。
旦那も怖いのか先にあんずを抱こうとするんだけどまだあんずを座ったままで腕の力だけで抱くのは無理。そろそろと膝に引き上げて抱いてやってます。
旦那が横に寝転んでる時も胸の上に飛び乗ろうと構え出すからまたそこで阻止。
手術する前はいつも旦那が転がると胸の上にあんずを乗せて抱いてやってたんですよね。
あんずもそれが大好きなもんだから父さん好き好きをしにいこうと隙あらば胸に乗ろうと構えるんですよ。
旦那が寝てる時は絶対に乗って行くことないので安心なんですけどね。

我が家は旦那と言うお殿様とあんずというお姫様に困ってますわ(^_^;)

わがまま過ぎの旦那に困ってます

大変御心配お掛け致しました。
1月7日にちょっと早いですが旦那退院致しました。
退院が早くなった原因は看護師の心ない一言でした。
退院2日前のお昼の事、少し調子の悪かった旦那がお昼御飯の配膳を取りに行かれずペットに伏せていたそうです。
それを知らずだったのかなんなのか看護師が「ご飯ぐらい取りに来て下さい」と言いに来た。
元々リハビリの一環としてある程度回復した患者はご飯の配膳を取りに行き、食べ終わると下げる事になっています。
でもその当日旦那はちょっと調子が悪かったそうです。
なのに看護師は取りに来いと偉そうに言いに来たそうです。
その事にキレた旦那、看護師の上の者を読んでお話。
所が主治医を呼んで来てどういう話になったのか主治医は「退院しても大丈夫ですよ」と言い出す始末。
看護師に煙たい患者は追い出しか?みたいな対応。
看護師の上の方も私が行くと「失礼があったようで申し訳ない」と謝ってくれるのはいいけれど全然感情すらこもってない。頭に来たけど旦那が目でそれ以上言うなという雰囲気だったので黙ってこらえた。
食事も旦那がいらないと言ったので看護師の上の方が「食事も止まってますので何か買って来て下さい」と言われるし。
確かに旦那のわがままもあるのかもしれない。
でも調子が悪くて伏せている者に対する言い方であろうか?
その他にも心電図の小型のものをずっと胸に着けているんだけど5時間ぐらい外れていても看護師は一人も見に来ない。口ではずっと心電図はこちらで確認してますって言うんだけどどこが管理されてるのか。
まだあと2週間は入院が必要な者に主治医は退院しても良いって言いだすし。
でも手術をしてくれた先生は少し不安げに今の状況を説明してくれた。
注意する事もいっぱいで少しでも入院を伸ばせないかという雰囲気。
でももう退院と言ってしまったからには旦那も後戻りできないし…
他の偉い方々が出てきてたとえ1日でも入院をと説得してくれて1日だけ退院が伸びた。
皆他の患者さんも腹の立つ事を言われ、でも看護してもらうのに支障が出るといけないので我慢している方がほとんど。
とりあえず1月7日に退院はしたものの旦那はやっぱり病院での生活とはやっぱり違うのでかなり辛い様子。
そのお陰でこっちにとばっちり。
今まで私が甘い顔して必死に面倒見てきたので何もかもわがまま言いたい放題。
こっちの気持ちなんて考えずに口に出すからこっちも頭に来る事しばしば…
体が痛いのと動くと辛いのとでイライラが溜まり私にきつい言葉ばかり言い出すし。
私の今までの必死にやってきた事はなんなん?って思いたくなる。
病院にいてくれればこんなに気を使わずに済むのに冷や冷やしながら旦那の行動を見なきゃいけない。
なるべく私も態度には出さないように見守ってるんやけど本人はそれがうっとーしく感じてきてる。
ちょっと危なっかしいけどほっとくのが一番と思うようにした。
手を貸してほしければ自分から言うだろうし。
退院するように話を進めちゃったのも結局は旦那本人なんだし。
でもあんまりの旦那の言葉に少し情けなくなってこっちが辛くなってきた。
入院してくれてればこんなこともなかっただろうに…
良くして下さった看護師さんもたくさんいらっしゃるんだけど、心ない看護師の為に家族が苦労してる。
こんなのがあと2カ月続くのかと思うと憂鬱になる今日この頃です。

でもでも、皆さん、本当に御心配して頂いて有難う御座いました。


慣れん事されると雨が降る

旦那が12月22日に倒れてから1月3日の昨日まで仕事休みを頂いてました。
本日より復帰。
いろんな人がいるものですよね。
気遣って声をかけてくれる方、なんかズル休みでもしてたかのような態度をされる人。
どうでもいいんです。私は家族が大事。
誰が何と言おうと家族が大事。
私にとっては特に息子も大事だけれど、身内の少ない私にとっては今回の事でやっぱり旦那の存在って実感した。
いなくなっちゃうかもしれないっていう恐怖感たら半端じゃなかった。
こんなこと思っても旦那はこれっぽっちも私の気持ちは解ってないやつなんですわ(-_-;)
別に感謝しろとか有難味を感じてくれとは言いませんが…
そういうこと口に出して有難うとか絶対言わないやつなんです。
多分死んでも私に有難うとは言わんやろうなぁ…

ですが、有難うとは言わないまでも今日は仕事が終わって病院に行くからって旦那に言っておいたんよね。
そしたら病院に行くと病棟の旦那のいる階のテレビのある待合所の所に一人でポツンと座ってテレビ見てる。
いつもなら病室の自分のペットでテレビ見てるか転がってるかなんよね。
「待っとった?」って聞いたら照れくさそうに「う、うん」とうなずくのでビックリ(@_@;)
こりゃ雨が降る…
いや、雪、雪が降りそうなことすんなよー(-_-;)

今日は昔のバイク仲間が見舞いに来てくれ、その子は旦那と一回り年下。
その子にインスタント焼きそばUFOを買わせてた。
私が行くなりUFOを作ってと言いだした。
糖尿持ってないだけに食べ物は何でもOK。
でも周りに気遣って病室では食べない。
人気の少ない別の待合所で私と喋ってるふりして完食。
そして私がいないと何にもしようとしない旦那。
朝・昼・晩の食市の配膳を取りに行って返すのはやらないと仕方ないのでやってる。
ビックリするのはお風呂の用意。
昨日私が血圧計を買って用意しておいてと看護師さんに言われたので早速家電屋さんに買いに出かけた。
その少しの間にお風呂に入ろうと自分で用意したらしいがペットの上にロッカーの中のあらゆる袋が散乱。
どうも自分で用意しようとパジャマや下着の入ったナイロン袋を出したはいいけどかなり傷に響いたらしい。
しまう事を断念(-_-;)
なので明日お風呂に入ると言い出したのでお風呂セットを準備しておいてやった。
だって、またほっといたらペットの上は座るとこのないほど物が散乱しかねない。
なんかほんとに息子が見ていない所では甘え切ってる旦那。
でもこれって体調悪い時の旦那のいつものパターン。
子供扱いしてもふんふんと素直に聞いてる間は体調悪い証。
これを「お前あほか」と言い出したら本調子に戻ってきた証。
まだまだな様子に少し不安が残るんよね。

そして昨夜旦那の実母からだんなのことをしんぱいして電話があった事を報告。
これがまた少し私が頭にきた事がある。
始めは義母は息子の心配をして電話をかけてきてる様子なんだけど、すぐさま義母自身の事を色々言い出した。
義母も確かに体調が悪いのは聞いてた。
大晦日、義母も体調悪化したらしく自分で救急車を呼ぼうかと思うくらいだったといいだした。
その前も体調悪くめまいもするから病院に行ったら点滴だけだったらしい。
義母の悪いくせ。誰かが調子悪いと自分も悪い、入院してもおかしくないと自分で言い出す。
病院ではどこも悪くない、少し静脈瘤があるみたいだけど今どうこうするようなものじゃないとも言われたらしい。
今回もまたそう言う事を言い出した。
旦那は手術の内容からして傷もかなり大きいしお母さんがびっくりしてもいけないからと細かい内容を言っていない。
すぐにでも退院しそうなんだろうと思ってるらしく今回もなんだかんだと言い出した。
義母の今回の態度にちょっと私はびっくりした。
もう少し察しても良いだろうって。
ムカついたようには旦那に話さなかったけど言ってた事を話すとやっぱり親子。
自分の親のいつもやることはお見通しだった。
またいつもの事かと少し呆れ気味だった。
もうすぐ80歳近い義母なんだけど私が旦那にかかりっきりになると自分もかまってほしくなるのかいつもこうして自分も調子悪いと電話してくるんですよね。
親子共々子供のように甘えるので困りますわ。そういうとこも親子そっくりってとこなのかな(^_^;)

その話をしながら私が帰ろうとしてるとまたまた珍しくエレベーターの所まで見送りに来た。
いかん、やっぱり雨が降る…
あんまりこういうことせんのにあかんよなぁ…

案の定帰りしっかり雨に打たれて帰宅した私でありました、ちゃんちゃん(^_^;)

ストレス溜まりの旦那

病院での生活も13日目。
1日だけ外泊許可が出て家で過ごすことが出来たものの病院に戻ると発熱。
すぐに熱は治まったので安心でしたけどね。
まだまだ家での生活はきついみたいで骨が大分痛かったみたいです。
病院だとペットに腰掛けてたり立つのもそこからだから胸の骨には負担がないので楽らしい。
でも、向かいの患者さんが部屋のエアコンの設定温度を25℃にしたまま放置したり、
点滴のアラームが最大音量で30分以上放置だったりとストレスが溜まりまくり(^_^;)
普段あんまり愚痴らない旦那なのにグズグズと言い出した。
おまけに周りの患者さんは糖尿を持ってたりするので血糖値の検査とかするんだけど
旦那は血統は正常値なので特にお薬を飲んだり傷のガーゼ交換と心電図を測るコードのシールの張り替え以外は看護師さんも今は接点があまりない。なのに旦那が昨日看護師さんに「おれは何もせんでいいの?」と聞いたらめっちゃ愛想もなくそっけなーく「ありません!」との返答(-_-;)
この対応に旦那ストレス数値が跳ねあがりプッチン…
「勝手に自分で退院したい」とごねだした。
確かに県立の病院なので看護師さんのレベルも色々。
良い人と駄目な人の差が激しい。
旦那も少し我慢すればいいけどそういうの結構敏感なタイプなのでほんと困る。
元気になって来てる証拠なんだけど、自分の車も病院に乗って行ってるからいつ勝手に戻ってくるやわからん。
こんこんと説得してちゃんと病院にいるように言い聞かせて昨日は帰ってきた。
ちょっとお子ちゃまな感じもある旦那。
他の人では対応が大変かもね。
正論なんだけど我慢も必要とは思うけど、今の世の中普通の人って案外いないもんなんですよね。
昨日もうちらがおかしいんか?って二人で話してて、もう「そうなんよ、うちらがおかしいんや」と苦笑。
世間の常識ってどうなん?って思う事が多々ある。
この前も旦那が部屋を変わってたので何かあってのかと聞くとたまたま他のとこが空いたのもあるから看護師さんが変えてくれたらしいけど、新しく入ってきた患者さんがとんでもなかったらしい。看護師さんも怒るような人らしい。
その患者さん、夜中にお腹が空いたからなんか持ってこいと看護師さんに言ったらしい。
病院なのにどこかと間違ってませんか?みたいな人らしい。
その患者さんの家族もめっちゃ常識外れらしく看護師さん泣かせらしい。
病院って色々あるんだなぁと思う今日この頃です。

しっかし、うちの旦那もグズグズ言い出すとうっとーしくなるんですよねぇ。
でも、私の仕事休み取ってるのも今日まで。
もう自分で動けるけれど病院にゆっくりいてやれるのも今日まで。
仕事に行き出すと仕事終わって午後6時以降、あとは休みの日くらいかな。
ちょっとほっといてやるのもいい時期なのかもしれないんですけどね。
なんせ後はリハビリで心臓を鍛えて行って普段の生活に対応できるように頑張らないと。
まだ脈が弱いと看護師さんが言うんですよね。
本人全然感じてないみたいなんですけどね。

我が家の癒し系、あんずさん。
父さんいなくてちょっとすねぎみ?
DSC02246-1.jpg
今年お初のあんずですがグータラと映るか色っぽいと映るかは皆様にお任せします(^_^;)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
皆さま、今年もボチボチ更新のブログになりますがどうぞ宜しくお願い致します。

あんずのブログなのに年末は全然あんずが登場せず…
うっとーしいおっちゃんの闘病ブログになってしまい申し訳ないです。
あんずは旦那が倒れてすぐヒートが来てちょっとナーバス。
大好きな父さんは帰ってこないし夜になると玄関をずっと気にしてる毎日です。

ですが、父さん12月31日外泊許可が出て1日だけの外泊が許されました。
あんずさん父さんが玄関入るなり猛ダッシュ!!
父さん重いものもっちゃダメなのに、結構重いあんずを抱っこして再会。
なんとか家族揃っての年越しを迎える事が出来ました。

旦那が帰宅して、夕飯は旦那が頼んでたカニがあったのでかにすき。
夕飯が済んでからは私は御節の準備。
今年は意外とスムースに作れたので夜中までゴソゴソする事もありませんでした。

我が家の御節
SBSH0740.jpg
SBSH0741.jpg
SBSH0742.jpg
SBSH0743.jpg
今年は息子の友達のお母さんがたこと棒だら煮と田作りを下さったので品数も増えたかな?
お母さんの職場で作ってる商品ということで「あまりものだから」なんて言って息子の友達にことづけてくれました。
売ってるものなので美味しくないよなんて言ってたけどとんでもない。
とっても美味しく頂きました。
他はいつもの毎年作る御節です。
今年は旦那が心臓疾患だと再確認、薄味を基本に頑張りました。
我が家は普通より薄味なんですけど今回おだしもかつおぶしと昆布でだしを取っておいての御節づくり。
お醤油が減らないこと。

なんとか家族で年越しそばを食べて、年も越せておせち料理を家族で囲む事が出来ました。
でも1日の午後3時頃旦那と病院へ戻りました。それも自分で車運転して。
私がペーパーなものだからここまで来て旦那に負担かけちゃって。
やっぱり練習しに行く事考えよう…って思った一瞬でした。

病院に戻った旦那、なんか様子が変と思ってたんだけどやっぱり熱が出てた。
38.3分も既にあり、解熱剤飲むけどピークに来てなかったみたいでまだ上昇。
でも食欲あって夕飯は完食。
その後汗も出てきてひき始めた様子でした。
あと胸の傷の一番下のおなかの上の辺りから傷の汁がずっと出てるんですよね。
感染がないかと少し心配。
ガーゼ交換はいいけど透明のテープにかぶれてきてお腹がかゆそうな旦那でした。
今から病院行ってきますけど、少しましになってるかなぁ。

そう言えばうちのあんずさん、旦那が病院へ戻る時、玄関にまたまた猛ダッシュして着いていこうとしたんです。
旦那が「つかまえとけ」って。
なんとも健気なことするあんずさんでしたわ。
ちょっとあんずの画像がありませんがごめんなさい。

こんなちょっとうっとーしい年始の我が家ですが今年もどうぞよろしくです。
当分皆さまの所も読み逃げになっちゃいますけど御勘弁<(_ _)>

ではでは旦那のとこに行ってきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。