2009年10月 | ☆あんりんトウフ☆

2009年10月

忙しい1日

今日は仕事が休み
のーんびり、なんてしてられない。
というのも私の実母の老人保健施設のそろそろ引っ越し。
なかなか仕事で時間が取れず次の施設への移動などの手続きも上手くいかないのでノビノビだった。
でも長い滞在となりそろそろ次を見つけなくてはと今日は次の施設探し。
バイクでどれくらい走ったかなぁ
その他にも野暮用があり実母の知人と会ったりその方を実母の所に連れていったりとバタバタ。
とりあえず今後の施設の目処が立ちそうな感じで1日を終えたけどクタクタ
まだいいお天気だったからバイクで走ってる時はツーリング気分でしたけどね。

かれこれ実母が倒れてから4年目。
どんどん右側の手足のマヒがすすんできてる。
足の方は意地を張って歩く気持ちがあるからまだしっかりしてるようだけれど、少しの段差で転倒しかねない。
でも杖をつきたくないって意地を張る。
今日も転んだらもう歩けなくなるよって言うんだけど転んで痛い思いをして初めてわかるのか。
その時には遅いのに…
右手はリハビリにもかかわらずどんどん固まっていくばかり。

旦那との結婚に反対され私が実家を飛び出してから勘当状態だった。
実家に私の物を取りに行くのに昔はたまに母のいない時間帯を見計らって行ってた。
その後も疎遠だったけれど1度は同居と考えたが失敗。引っ越し先も告げず引っ越し。
数年音信不通だったが実家の近所の人が実母が倒れた事を知人に連絡してきた。
未だになんで私が実母に散々な目に合わされたにも関わらず面倒を見なきゃいけないって思う。
実母のせいで家庭が崩壊しかけた事もあったのに。
他人さんが聞いたら実の親なのに面倒見るのが当たり前と思われるでしょうね。
でも、実母に負わされた私の傷はそうそう浅くない。私だけでなく私の家族も。
これからまだ何年こんなこと続けなきゃいけないんだろう。
まだ旦那の義母もいらっしゃる。
義母の方がいっぱい私たちの面倒を見てくれる事が多いので恩はある。
もう義母も高齢、これに義母が倒れられたら私どうなっちゃうんだろうと思う。

いろいろと考えさせられる1日だったわ
スポンサーサイト

久々の再会

今日27年ぶり?かの再会をしました。
中学の時の同級生
中学卒業以来でしたよ。
来年1月2日に中学の同窓会があり、その連絡を取るのに色々と同級生が動いてて、たまたま同じクラスだった子が私の住んでいる所の近くにいるということが分かり連絡を取り合うことが出来て今日の再会となりました。
お互い歳がいった事を実感
でも中学の時の友達って久々の再会だというのに何でも言い合えちゃうもんなんですね。
卒業してから今日に至るまでの話をちょっとずつ話して…
結婚、出産、子育て、そして今でっかい息子がいて…
向こうは結婚が遅かったのでまだ小学2年生の娘がいて連れて来てました。
出産の時の医療ミスが原因で少し体の右側に障害があるっていう娘ちゃんなんだけど見た感じは全然障害なんてわかんない。ごくごく普通のそこらにい小学生。
とっても明るくっておちゃめな娘ちゃん。お父さんにそっくりだそう。
お互いに何かあったらいつでもうちにおいでよって話してとっても心強く思いました。
中学生の頃のその友達はとっても明るくてかわいくってモテモテだったんですよ。
私とは雲泥の差
でも天狗になるわけでもなくとってもいい子でした。
今も全然変わらず明るくてユーモアのあるママになっていました。
子供の障害の事とかも明るく話してくれて、きっといろんな思いもしただろうにそれすら全然感じさせず今までの事を話してくれました。
旦那さんが転勤族だそうでまたいつどこへ行くかはわからないらしいけれど、せっかく近くに住んでることだし、これからもちょくちょく会おうと約束して別れました。
中学の同級生でクラスも同じだったので余計に話も弾みました。
少しの時間だったけれどとっても楽しい時間を過ごせました。
自分も頑張らなきゃなぁって思いましたよ


今日のあんずさん、なぜかこの場所が気にいっていつも入り込んでる
DSC02196.jpg
一見普通の場所に見えるんですけどね
DSC02197.jpg
実はソファとパソコンラックの隙間に息子が座布団を挟み込んでやっててそこがとってもいい感じみたい。隙間とかの狭い所大好き
家全体がちっちゃいからどこでもいいんだけどまだ狭い所に行くかって

秋祭り

この土日は町内の秋祭りでした。

今年は私の町は人数不足で神輿を担ぐ事が出来ないので不参加
でも神社での出店や交通整理などに自治会の役員は協力ということで旦那は大忙し。
役員の方々のちょっとした食事の用意、お弁当の手配、出店の金魚の注文。
バタバタしてましたわ
私は今年は何かあってはということで自宅待機
でも嫁がちょろちょろすると目立つので旦那もあんまり呼ぶこともせず頑張ってました。
久々に暇な秋祭り。
ちょっとだけ神輿の写真を撮りに宵宮だけカメラを持って行きました。
DSC02187.jpg
これは今年新調したっていう所の神輿
まだ屋根も白木で一回り大きくって座布団の詩集も鮮やかでとっても奇麗でした。
これでもまだ小さい方。
私の生まれた地域の神輿はこれのまだ一回り大きいクラス。
長年行ってないので見に行きたいと思いながら仕事やなんやで全然行けてません。

今年は息子も暇で家で寝てばかり。
私だけで行くのもなんなので息子を誘って宵宮・本宮と行ってきました。
本宮の方も神輿1台ないだけですがなんか勢いもなく盛り上がりに欠けるお祭りでした。
今度私たちの町内が出る事が出来るのは5~6年先になるようです。
町内の団地の建て替えもあってそれがすべて終わった頃人数も揃うだろうし復活となるだろうって。
その頃は息子がもう成人。
旦那ももう体力的に限界かもね。
少しさみしい思いのするお祭りでしたわ


あんずさんは私がお休みで家にいるからテンション
カメラ目線でイキイキ
DSC02195.jpg

あんず、ごめんなさいの図

最近のあんずさんはすごく自己主張が強くなってきてます

家族皆がテレビに夢中になって笑ったりしているとテレビの前でアップしてみたり
ひょこぴょこ跳ねてみたり、挙句の果てには言いようもない声を出して
「こっち向いてよ!!」てな感じで呼ぶんですよね
決してあんずをほったらかしにしてるわけではないんですよ。
おもちゃで遊んでやったり家に帰ると追いかけっこしたりだっこだっこでみんなちゃんとみてるの

先日も全然違う場所にオシッコして知らんぷりで寝てたり…

そして今日
私が仕事から帰宅するとトイレの前で大きな落し物、ウンチをしっかりしてくれてますがな
さすがにこれは叱るべきだと「あんずこれなぁに」って振り向くと耳が変に下がっちゃってちゃんと言われた事は分かってる様子。
極めつけ、「ごめんなさいは」って言うと
このとおり
DSC02183.jpg
DSC02184_SP0000.jpg
あんずのごめんなさいはおなかを出して完全負けの姿勢
ゴロンとはまた違うんですよねぇ。

なんであんなことするのってちょっと説教しだしたら
DSC02185.jpg
オイオイ、ウインクかよ
ってなんでワンコが目を細めて笑顔作ったりウインクまでしてんだよ
あんた、ほんとにワンコか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。